8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

浴室の構造

第79回 浴室の構造

浴室は、RC(鉄筋コンクリート)造の駐車スペース下です。
露天風呂配置断面

コスト減のためい、極力簡素なつくりにしたので、てっきりコンクリート躯体の上に、直接浴槽を置くのだと思っていましたが、話しを聞くと、そうではありませんでした。

配管をコンクリートに埋め込むと、後々のメンテが大変になるので、床下を作る必要があるとのことです。
で、下のような構造にするそうです。
浴室床構造

この床下空間に配水管とか暖房、給水・給湯を通す。

こんな構造で、水を入れると300kgになるバスタブを置いて大丈夫なのだろうか・・・・・・?
と思うのは素人考え。
束をしっかり入れれば全く問題ナシ。

図にある、防水コートは、商品名でいうと「ムラスティコート」というものを使用予定とのこと。
ムラスティコート

↓ムラスティコートって、こういうものらしい
http://www.jomon.ne.jp/~haujin/html/s_html/s_import_ken.html

↓段ボール箱の内側に、この防水コートをして水を貯める・・・・というデモが載ってます。
段ボール箱防水

うさん臭げですが、実はディズニーランドのアトラクションにも採用されているそうです。

設計事務所でも採用実績があり、安くて良いものだとのこと。

青色というのがいただけませんが、それはどうにかなるらしい。

コスト減で、風呂場の仕上げはナシにしたのだけれど、この防水コートの上に、自分で十和田石とか張っても良いのかなぁ

壁は、コンクリート打ちっ放しの躯体に撥水塗装。
色は自由・・・・・・クリア色?

妻は、壁に板を張ってもらうくらいした方が良いんじゃない・・・と言っている。
コンクリ壁に水滴びっしり、というより、水分を吸収する板壁の方が・・・・とのこと。

見積もり書をめくると、浴室壁の羽目板は約9万円。
借りる金額を考えると、それくらい・・・・・という気にもなるが、どうしたもんだろうかねぇ・

*   *   *   *

上を見ると、これまた打ちっ放しかと思いきや、電気配線や空調配管を通すために天井を張る方が良いと言われました。
コンクリ打ちっ放しに、綺麗に配線や配管を固定するのは、けっこうな手間がかかり、ひいては手間賃にはね返るのだそうです。

で、天井はOSBボードの塗装仕上げ。
安っぽいけど、仕方ないね。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 一戸建注文住宅  にほんブログ村 自然素材住宅
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。