8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

完成した燻製箱を試運転→若干改良

第738回 完成した燻製箱を試運転→若干改良

完成した燻製箱を早速使ってみる。

201604 燻製箱 カセットコンロ使用可能
↑今回の熱源はカセットコンロ

一番お手軽なカセットコンロを熱源にしてみました。
これまでのダンボール燻製箱では、
箱のサイズが小さすぎてカセットコンロが使えなかったのですが、
箱を大きくしたので、余裕でカセットコンロを使えます。

201604 燻製箱 早速試運転
↑食材は網の上へ

いぶす食材はソーセージ、うずらの卵、チーズ2種、プチトマト、とば。
とりあえず、調子を見るのが主目的なので1時間くらいで燻煙終了。

ダンボール箱に比べて煙の洩れが少ないような気がします。
また、箱が大きくなったのと、カセットコンロになって火力調整がしやすくなったためか
箱内の温度が低めのように思えます。

試食の結果は、まあ、普通の燻製です。
燻煙時間が短めだったので、スモーク感は少な目ですが。

ということで、能力的には充分、合格点ですが、
二点ほど改良を加えることにしました。

1点目は温度監理のために温度計測用の孔をあけること。

2点目は、内部の様子(燻煙材=チップが燃え尽きてしまったとか)
を確認するための孔をあけること。

201604 燻製箱に孔をあける
↑孔を2つあけました。

小さいほうが温度計測用、大きいほうが内部状況確認用です。


201604 燻製箱にセットした温度計
↑小さい穴には温度計をセットできます。

粘土窯でも使っている300度まで計れる温度計です。
このままだと孔から煙が漏れてきてしまうので、栓をします。

あとは何度も繰り返し使ってみて、
癖や個性を把握することですね。

201604 燻製箱 温度&様子確認用の孔のフタ
↑角材と自然の小枝で栓を作った。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。