8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

庭用のテーブルを作ってみた (材料は端材)

第714回 庭用のテーブルを作ってみた (材料は端材)

久しぶりに庭でBBQでもやろうか、という話が出ております。

ということで、ちょうど貰い物の端材もいっぱいあることだし、
せっかくの機会なので庭用にテーブルとベンチを作っちまうか、と思い立ちました。

201505 庭テーブルの脚
↑端材をザックリとカットして脚を製作。

脚材は、端を少し斜めにカットして、ふんばるような形にしました。

冬はどこかにしまうにしても、少なくとも夏の間は庭に置いておくつもりなので
防水・腐食対策が重要。
要するに塗装するわけです。

薪小屋つくりで使ったオリンピック・マキシマムがまだ残っているので、それを使えばよいのですが、
それだけではデザイン的に面白みに欠ける。

今回は、4年前に、木製サッシの外枠塗り替えに使ったきりだった
オリンピック・ステインを使ってみることにしました。

201505 オリンピックステイン 半透明
↑4年ぶりに登場したオリンピック・ステイン。

このオリンピック・ステインは浸透タイプの塗料で、天然成分でできている(亜麻仁油とか)らしく、
我が家を設計した設計事務所の一押しの塗料だったのですが、
残念ながら、すでに製造中止になってしまいました。

それと、乾燥するのにまる一日くらいかかるので、
使い勝手はあまりよくありません。

手元に残っていたのはちょっと赤っぽい色の、半透明タイプ。

201505 庭テーブル 部材塗装
↑塗り分けられた庭テーブルの部材

脚は濃い焦げちゃ色のオリンピック・マキシマムで塗装。
こちらは30分ほどで乾燥してしまいます。

天板を赤っぽいオリンピック・ステインで塗装。

組み立ては翌日です。

201505 庭テーブル 暫定完成
↑庭テーブル 組み立て後。

色合いはなかなか良い感じです。

が、ちょっと横方向に不安定なので、さらに補強を入れることにします。

201505 庭テーブル 棚追加
↑この部分に補強用の棚を付けます。

ここに棚をつければ、横方向の剛性が増すはずです。
上の写真は、サイズ合わせ。
これからちゃんと塗装します。

さて、テーブルと平行してベンチも作ります。
ベンチはテーブルに比べて背が低いことや、
下に足を入れるスペースをきちんと確保するなどの制約条件が少ないため、
テーブルよりも構造に気を使わなくてすむので作りやすいです。

201505 庭ベンチ 脚
↑脚は太さ約10cmの柱材の端材をカット。

ベンチは極力シンプルな構造にしたくて、
一辺が約10cmの角材を束ねただけ、
のような構造にしましたが・・・・。

一辺が約10cmの角材を、木ねじで貫くのはけっこう大変で、
そもそもそんな強力な工具を持っていないので
太い木工ドリルで、材の半分近く深さの穴をあけて、
そこから木ねじをねじ込んで材を結合することにしました。

201505 庭ベンチ 脚部の構造
↑この三つの穴の奥から木ねじが入っています。

201505 庭テーブル&ベンチ 完成
↑庭用テーブル&ベンチ 完成

色使いがおそろいでいい感じ?

何だかんだで二週に渡る作業になってしまいましたが、
なかなか満足のいく仕上がりになりました。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。