8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自家製堆肥づくり 攪拌

第712回 自家製堆肥づくり 攪拌

昨年から、落ち葉やら抜いた雑草やらを、堆肥箱に適当に放り込んでいたので、
堆肥箱がほぼいっぱいになってしまった。
折り良く気温も上がってたので堆肥の攪拌作業を行った。

201505 攪拌前の堆肥
↑作業前の堆肥箱

右側には完熟した堆肥が入っていたのですが、
この春に全量を庭の家庭菜園にすき込んでしまったので空っぽになっている。

左側は、現在熟成中の堆肥なのですが、
適当に放り込んでいるだけなので、山盛りになっていて、もう箱からあふれ出しそう・・・・。

201505 層状になった未攪拌堆肥
↑前の扉を外すと、内部は層状。

前の扉を外すと、一番底には堆肥化が進んだ土状の黒い層があって
その上には未分解の落ち葉の層や、雑草の層などが、そのまま残ってました。

これを、掻き出して混ぜ混ぜ、攪拌します。

201505 未熟堆肥を掻き出す
↑ひたすら攪拌。

上と下をしっかり攪拌するのはけっこう大変な作業です。

小一時間ほどかかってやっと攪拌完了。

ふたたび堆肥箱に戻します。
今度は右側に。

熟成が進んだ層と、ほとんど原型のままでかさ高かった落ち葉などが適当に混ざるってかさが、かなり減りました。

201505 未熟堆肥を攪拌してから再度堆積
↑攪拌後、ふたたび堆肥箱に戻します。

最初の写真と比べると、かさが2/3くらいになっているのが判りますか?
これで、今年のひと夏熟成させます。

秋口に、また攪拌するつもりですが、
順調に行って、来年の春に畑に撒けるようになれば成功。

今現在の雑草なんかは、堆肥箱の、もう一方の空間に放り込んでます。
そちらは今年から来年に熟成させて、再来年の春先に使うつもり。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。