8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薪小屋づくり 壁と屋根

第710回 薪小屋づくり 壁と屋根

薪小屋2号の作業に戻ります。
外壁を作ります。

単純に、サイズに切った材を塗装して、所定の位置に打ち付けるだけ。

201504 薪小屋 外壁など1
↑壁材を打ち付けました。

薪を積み上げる予定の場所は、あえて壁を作る必要はないかなーと思い、
とりあえず暫定的に簾(すだれ)を下げておきました。

201504 薪小屋 外壁など2
↑隣家の側から見るとこんな感じ。

次は屋根作業です。

垂木は2×4材。
これに横材(母屋?)を乗せて、ポリカの波板を打ち付けます。

201505 薪小屋 屋根基礎固定金具
↑垂木の固定

垂木は金具で構造材(梁)に固定。
こういう金具はほとんど使ったことが無いのですが、簡単でなかなか具合がよろしい。

いよいよポリカ波板を打ち付けますが、
屋根高が2.4mと高く、また、屋根面も広いので脚立に乗っての作業は大変です。

なので、垂木と母屋材の上に板を敷いて、
その上に乗って作業することにしました。

二階の高さになる駐車スペースから屋根に乗り降りできるので
脚立を使わなくてもすみ、作業がはかどります。

201505 薪小屋 屋根張り
↑駐車スペースからの写真。屋根の上の板に乗って作業します。

作業に集中すると足を踏み外すことがあるので、慎重に!

ポリカ波板はすべるので、下穴を開けてから固定用の傘釘を打ちます。

201505 薪小屋 屋根作業 下穴あけ
↑ポリカ波板に下穴あけ

横木はあまり目立たないので、
塗装するのはサボりました(笑)。

屋根がのれば、ほぼ完成です。

201505 薪小屋 暫定完成
↑ほぼ完成。

201505 薪小屋 暫定完成 遠景
↑別アングルから。

あとは若干の細かい作業が残っていますが、ぼちぼちやります。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。