8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新たな熱源でスモークチキン 塩味も追加

第697回 新たな熱源でスモークチキン 塩味も追加

前回のスモークでは、七輪を熱源にしましたが、どうも燃焼がいまいちで
なかなか温度が上がりませんでした。

今回は、その点を見直して再チャレンジ。

20150329 燻製 新たな熱源
↑新たな熱源。

新しい熱源はキャンプ用のガスストーブ。
もう20年くらい(笑)使ってるものですが、
不安定な場所でも使いやすいようにバーナー部とガスボンベがホースで分離されているので
温度が高くなる燻煙箱の中にはバーナー(燃焼)部分だけいれて、
ガスボンベは箱の外に出しておけるので安全性が高いかな・・・と。

ちなみに、カセットコンロもあるのですが、燻煙箱のサイズが小さくて、
箱の中にコンロが納まりません(苦笑)。

今回のもうひとつの目玉は塩漬けバージョンとモモ肉の追加です。

20150329 スモークチキン第二弾 材料
↑今回のメインの材料。

今回は、鶏ムネ肉は、タレ漬けバージョンと、塩漬けバージョンを作ります。
そして、モモ肉のタレ漬けバージョンも追加。

20150329 スモークチキン 塩とタレ
↑左がタレ漬けで、右は塩すり込みです。

味がしみこみやすいように、いずれもフォークでグサグサと穴あけ。

20150329 スモークチキン 塩とタレを一晩寝かせる
↑ジップロックにいれて、冷蔵庫で一晩、寝かせます。

左から「もも・タレ」「むね・タレ」「塩・ムネ」。

低温でじっくりボイルするのが、旨いスモークチキンのコツみたいです。
今回も、ジップロックにいれたまま65~75度のお湯で30~40分ボイルしました。

20150329 チキンはスモーク前にボイル
↑ボイル後。タレ漬けと塩で色が違ってます。わかるかな?

今回は、鶏肉のほかに、豆腐、ソーセージ(=定番(^^;;)、チーズ(融けづらいようにプロセスチーズ)、
ポテトチップス(!!!実はかなり美味くなるらしい)を用意しました。

豆腐は、木綿豆腐。
一晩重しをしておいて、水を抜きます。

20150329 豆腐のスモーク
↑重しをして一晩、水を抜いた木綿豆腐。厚みが半分くらいになった。

長いので分割します。

次回は完成、試食編。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。