8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本棚の棚板を追加で作る&!!!

第636回 本棚の棚板を追加で作る&!!!

単身生活中に買い込んだ本を赴任先から持ち帰ってきたら、
本棚に収まりきらない・・・・・汗

棚板を追加で作ることにしました。

我が家のメインの本棚は、もともと大工さん造作の作りつけのもので、
棚板もシナランバーコア材で大工さんが作ったものです。

物置を漁ったら、ちょうど同じ厚さのシナランバーコア材が見つかったので、
既存の棚板を見本に、4種類のサイズの棚板をカット。

ちなみに、なぜかこの造作作り付け本棚は、棚の幅がまちまちで、
棚板の互換性がありません。

本棚板を追加製作
↑茶色いのが既存の棚板。白い(塗装前だから)のが今回作った棚板。幅がバラバラなのが判る?

で、塗装しようとオリンピックステインの缶の蓋を開けたところ、
あれれれ????


本棚板 塗装しようと思ったら
↑オリンピックステイン(塗料)の蓋を開けたら・・・

本来であれば、天然油成分の底に顔料が沈殿しているのですが、
なんだか様子が違う・・・・・

あれ、なんだか黒いな。
それにやけに乾いてる感じ?

刷毛で塗料の表面を突っつくと
表面は乾いちゃっていて、中がぶよぶよとした感触。

缶の蓋に隙間があって油分の一部が揮発したか、
経年変化で劣化したか。

1年前にはちゃんと使えたんだけどなぁ。

刷毛で乾いた表面を突き破ると、
中にはかなり濃くなった塗料が溜まってました。

オリンピックステインが超濃くなっている
↑真ん中の茶色い部分が、乾いた表面を破ったところ。

しょうがないので、この濃ーくなった塗料で棚板を塗りましたが、
既存のものに比べてずいぶんと濃い色になってしまいました。

本棚板 塗装結果
↑濃くなった塗料で棚板を塗りました。

上の写真で、一枚だけ色が薄い板がありますが、
これがオリジナルの棚板。
色の濃い4枚は、今回、新たに追加で作成したものです。

こうしてみると、ずいぶん色が違いますが
実際に本棚にセットしてみると
ほとんど目立ちません。

所詮は棚板。

が、もっと大きな問題が発覚!
次回ご報告します。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。