8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

掘っても掘っても見つからない!?

第596回 掘っても掘っても見つからない!?

この家を建てた直後の約5年前に、
雨が降った後などの庭の水たまりがひどいので、
DIYの排水工事として、
ブラ製の農業用暗渠管を不織布でくるんで、砂利で埋めた。

たしかに埋めた。

埋めたんじゃないかな・・・・。

あれー、掘っても掘っても出てこないー。

暗渠配水が出てこない
↑見つからなーい。

おっかしーなー。
やけになって、どんどん掘っていったら・・・・
ガス管注意・・・・と書かれたビニール布が出てきた(爆)。

暗渠配水ではなくガス管が
↑しまいにゃあ、この下にガス管埋まってるんで注意してね、という緑の注意書きが・・・。

どう考えても、ガス管の下に暗渠を埋めた覚えはない。
どうなってんだ????

で、調べました。
このブログの過去記事を。

→ そのときの記事 自力で庭の排水工事

あれれー、やっぱり、ちゃんと暗渠排水管埋めてんじゃん。
しかも、そんなに深くない場所に。

で、記事の写真を参考に、同じ場所を掘ってみて判明したのは・・・

排水管出てきたよ
↑暗渠排水管、発見!!

暗渠排水管は、記憶の通り不織布にくるまれて、埋まっておりました。
しかーし

うわぁー、暗渠排水管って短かかったんだ!

管を埋めたのは一部で、残りの部分は砂利だけじゃん!

排水管短かった
↑ぎゃあ、暗渠管って短かかったんだ。

ということで、記憶は思ったほどにはあてにならないことが判明しました。

一生懸命掘っていた場所は、排水管がなかった場所・・・・Orz

思い起こしてみれば、たしかに少し短めではあったような記憶がありますが、
軒下の、少なくとも半分くらいはあったような、
そんな気が、薄らぼんやりと・・・・・(←当てになりません)

やはり、しっかりと記録を取り、
そして残すということはとっても大事ですねー。

そもそも、5年前じゃなくて4年前だし(苦笑)。

ということで、次は「排水改良工事編」。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。