8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薪置場、ひとまず暫定完成

第575回 薪置場、ひとまず暫定完成

基礎ができたら、あとは組み立てるだけ。

薪小屋組み立て中
↑さすがに高所作業は一人ではできない

組み立ては一人ではできないので、
オクサマのご協力を仰ぎつつ・・・。

一人が部材を抑えて、もう一人が電動ドライバーでギュルギュル木工ネジをねじ込んでいきます。

高さが 基礎分+183cm なので、上部は脚立を使っての組み立て作業です。

薪小屋の構造
↑これでだいたいの構造が判るかな?

薪が結構重たいということは、簡易薪置場が壊れたことで
よ~く判りました。

よって、薪の重さを一番に受け止める床材は、
2×4材の縦置き。

上部も部材ごとの水平、垂直をできるだけしっかり確認したりして、
思いのほか時間がかかりました。

組み立て作業だけでもほぼ半日。

屋根はまだの薪小屋
↑出来上がって、薪を並べるとこんな感じです。

まだまだ半分以上空いています。
そのうちに、北側の軒下とかに置いてある薪をここに並べよう。

それと、冬になる前に屋根を付けねばなるまい。

積雪のことを考えると、後ろ側=お隣の敷地に雪が落ちるような屋根の構造はダメ。
かといって、手前側に雪が落ちてきて溜るのもよろしくない。

無落雪か、横に落ちるタイプか。

無落雪は、雪荷重がもろに構造材にかかるから
かなり頑丈に作らないとダメだろうな。

冬までまだしばらく時間があるから、ぼちぼち考えるか。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。