8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

五右衛門風呂の灰とか畑に撒く

第545回 五右衛門風呂の灰とか畑に撒く

我が家の庭&家庭菜園の土は、どうやら超酸性。

最初は酸性土を好む、というか、わざわざ酸性の分泌物を出して、
土壌を酸性にして他の植物が生えてくることを妨害するらしい、スギナしか生えてきませんでした。

ということで、色々と工夫をしてみて、
数年の土壌改良によって、現在は、ようやくなんとかなってきた状態。

土壌改良の記録

しかし、土壌改良の努力は続けなければならない。

毎年春先の作業が、酸性を中和するための石灰撒き。
うちは単なる石灰ではなくて、マグネシウムの補給もできるらしい苦土石灰を撒いている。

昨年は、自家製堆肥第一号と、米ぬか、木灰も鋤き込んだのだが、
今は単身赴任で自宅を離れていて、たまの帰省時には
限られた時間で色んな事を片付けたいため、
今年のGWの畑作業は木灰だけにした。

これまでは、冬の間、ほぼ毎週末、薪ストーブを焚いてたのと、
庭の露天五右衛門風呂も、ほぼ毎週末に沸かしていたので、
大量の薪の灰が発生していたのであるが、上にも書いた通り、単身赴任になってしまったので、
薪ストーブも露天五右衛門風呂も、たまにしか使っていない。

とはいえ、幸い露天五右衛門風呂の炉の中には去年の分の灰も残っている
(炉床のコンクリート板を薪の燃焼熱から守るために意図的に灰を残している)
ので、これを集めれば庭に撒くくらいの木灰は確保できる。

五右衛門風呂の炉から灰を集める
↑露天五右衛門風呂の炉から薪の灰を集める。

灰を集めている4斗缶は、北海道黒松内で薪を作っている
「きこり見習い」さんからのからの頂き物。感謝。

 → きこり見習いの全道薪ストーブ化計画

※蛇足:久しぶりに「木こり見習い」さんのブログみたら、エライことになってました・・・

苦土石灰と木灰を撒いたあとに、スコップで畑の土起こしをする。

木灰と苦土石灰を鋤込む
↑苦土石灰と木灰を混ぜながら土起こし。

この状態で、連休終わりを迎え、仕事先に戻ったのだが、
その後、妻がトマト、オクラなんかを植えたらしい。

妻はあまり家庭菜園とか、自分で積極的に世話をするタイプじゃないので、
ちゃんと育てられるのか心配。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。