8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

助っ人のおかげで薪の小割りが一段落

第522回 助っ人のおかげで薪の小割りが一段落

小割りにした薪を露天風呂横に積み上げたところ

中途半端で終わっていた薪の小割りですが、薪割りお手伝い部隊を招聘することができ、
大幅なスピードアップが果たせました。

手伝い部隊は4名構成ではありますが、実働は2名。

助っ人部隊
↑作業中の薪割お手伝いチーム

助っ人薪割中
↑実働はこの2人。薪割経験者&五右衛門風呂経験者の強力(?)チーム。

おかげさまで、露天五右衛門風呂横の薪置場は、おおむね一杯になりました。
これで、しばらく風呂焚きと窯焼きに、薪の不自由をしないで済みそうです。

小割の薪がいっぱいになりました
↑おおむねいっぱい。


実はお手伝い部隊の真の目的は窯焼きピザ。

薪割部隊と燃焼中のアースオーブン
↑薪割り作業の横で、火の入った窯が着々と熱を蓄積中しています。

2名が薪を割っているすきに残りの2名はピザ作り。
ちなみに、生地は事前にわたくしめが仕込んでおります。

ピザ作成部隊作業中
↑ピザ作成

窯にピザを投入
↑窯の温度は300度。窯に投入!


ピザ完成
↑完成ー!

ちょっと油断して、具だくさんの真ん中盛り上がりタイプになってしまったせいか、
中心部分に火の入り方が甘かったようです。
生地が若干生っぽい感じ。

うーん、なかなか難しいですなぁ。
ピザはもう少し温度を下げて、じっくり目に焼いた方が上手く焼けるみたい。

反省。

とはいえ、全体としては成功で、なかなかうまいピザが焼けました。

実は、昼食後、すこし冷めた窯に薪を足して温度を上げて、パンも焼きました。
その話は次回。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。