8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フラックス(宿根亜麻)の開花

第513回 フラックス(宿根亜麻)の開花

宿根亜麻(フラックス)が開花しました。
札幌近郊では、これからいよいよ緑が濃くなってゆく季節を迎えます。

うーん、この色が好き。

2011年亜麻開花

宿根亜麻のつぼみ
↑これからどんどん咲きます。

今回、花を咲かせた亜麻の根元には、春先に、昨年秋に採取したタネを地播きしています。
播いてから1週間ほどで発芽しました。
発芽率は、目分量で8割くらいでしょうか。
結構良いです。

土壌改良などはしていないので、結構酸性の強い状態だと思うのですが、
問題なく発芽しているところを見ると、
亜麻はけっこう酸性に強かったか、あるいは思ったほどここの土は酸性が強くなかったということなのでしょうか。

地播き亜麻の発芽
↑ぞろぞろと、すじ状に発芽している宿根亜麻。

宿根亜麻は、多年生だけあって、初年度の成長は芳しくはないようです。
まだ双葉状態。

早めにポットにタネを播いて、冷え込む夜間は屋内にいれて育てたポット苗ですら、まだまだ、やっと本葉が開いたばかりといった感じ。

宿根亜麻やっと本葉
↑宿根亜麻の苗。

一方、一年草の亜麻は順調に成育中。
すでに4~5cmまで成長し、本葉もいくつか伸びています。

一年性亜麻 4-5cm
↑伸びがよい一年性の亜麻。

ところで、色々と調べたところ、観賞用の亜麻は主に宿根性、つまり多年草らしいですが、
繊維を取ったり油(亜麻仁油)を絞ったりするのは、おもに一年性の亜麻なのだそうです。

昨秋、繊維採取とかできないかと思い、宿根亜麻の茎を刈り取って保存したのですが、無駄だったかも。
しかも、良い繊維を取るためには、花を充分に楽しむ前に刈り取るのが良いとか。

ということで、当分は繊維や亜麻仁油なんかは忘れて、花を楽しみ、いっぱいタネを採取して数を増やすことに専念したいと思います。

あと、一年性の亜麻は、今では国内で商業栽培しているのは北海道のごく一部だけのようです。

亜麻開花状況
↑これからどんどん咲くはず。たのしみー。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。