8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木製サッシ塗り替え作業 つづき

第496回 木製サッシ塗り替え作業 つづき

木製サッシの塗り替え作業の続きです。

いよいよ塗料の用意。
庭に新聞紙を敷き、そこで缶のフタを開けます。
マイナスドライバーでコキコキすると、比較的簡単に開きます。

塗料の準備
↑開缶

表面は透明な溶剤が上澄みになっています。
染料が底に溜まっている感じ。

この時のために用意した攪拌くん(480円)を電動ドリルにセットして、
ゆーっっくり攪拌開始。

塗料がフチまで入っているので、いきなりギャワーン!と全力で攪拌すると、
塗料がフチからあふれます。
要注意です(自分はやっちゃいました)。

攪拌前の塗料
↑上澄みは透明

攪拌くんを底まで入れると、かなりの抵抗感。
どろどろの染料がたっぷりと底に溜まっている感じです。

塗料攪拌
↑撹拌くんで慎重に混ぜ混ぜ

電動ドリルのトリガーを半引きくらいにしたまま、上下左右に撹拌部を縦横無尽に動かして
慎重に3~4分くらい撹拌。
もうムラはなくなっただろうというところで、塗装作業用のカップに塗料を取り分けます。

使い捨てカップは26円
↑塗装作業用のカップ

塗装作業用カップは26円の使い捨て。ホルダー200円です。
塗料の缶を傾けてカップに入れると、大量にこぼれそうなので、
撹拌くんを使って塗料を取り分け。

塗料缶で塗料を身にたっぷりまとった撹拌くんを、すばやく計量カップの中に入れると
塗料がボタボタとたれます。
それを数回やると、1回の塗装作業の使いくらいの分がカップに貯まります。

いよいよ塗装作業へ。

塗装の劣化が進んでいる窓枠の下側は、塗った塗料がすーっと染み込んでゆきます。

しみこむ塗料
↑塗った塗料がすぐに染み込む。

窓枠の上側は、あまり風雪、日光の影響が少ないのか、まだ元の塗料がそれなりに残っていて、
新しい塗料を塗っても、少しはじかれるような感じ。

一通り塗った後で、塗料の吸い込みの良い下部を重点的に、2度、3度と塗り重ねます。

実は、最初のうちは、ガラス面に塗料がはみ出さないように、ガラスに新聞紙と養生テープ
でマスキングをしていたのですが、そのうち、ガラスに塗料がはみ出しても、拭けばきれいに
取れることが判明。

室内側の養生状況
↑最初の内は、ガラス面をきれいにマスキング

かなり面倒くさいガラス面保護は不要ということが判りました。
ベランダ窓とかの大型のガラスをマスキングしなければないのかと、かなりげっそりしていた
ので、早めに気づいて良かったです。

これで塗装作業も大幅にスピードアップ。

塗料はみ出し  はみ出した塗料をふき取った
↑ガラス、シリコンゴムに塗料がはみ出ても、ぼろ切れやティッシュで拭けばきれいに取れる。

2階吹き抜けの窓は、室内側に全開できるのですが、外側の枠部分も塗らなければならないので
結局、屋根に出て、外から塗り直し作業。

2階の吹き抜け窓
↑屋根から塗り直し

今回採用した704番(レッドウッド)は、塗った直後は、色見本で予想していたのより
かなり赤みが強く、妻は愕然としていましたが、乾燥すると少し落ち着いた色になります。

しばらく風雪に叩かれると、さらにもう少し渋い色になるのではないかと。

塗装後の色合い
↑塗装直後は思っていた以上に赤っぽい。上の窓は塗装前。

塗料が余ったので、浴室の窓も塗り替えました。
屋根がかかっているので、余り劣化はしていなかったのですが。

ちなみに、浴室窓は、DOMUS(フィンランド製の木製3重サッシ)ではなく、
職人さんお手製の、はめ殺しの2重ガラス窓です。

浴室の窓も塗装
↑ついでに浴室の窓も塗り直し

塗料は3~4時間後にはさらっと乾き、手で軽く触れてもべたつかず、塗料もはげない程度。
午前中に塗ったものは、夕方にはかなり乾燥していて、軽くこすっても塗料がはげなくなりました。

17時半で15度
↑17時半で15度。

夜中じゅう窓を開けておくには、まだ寒い時期なので、就寝前には窓を閉めました。
窓を閉めると、今回再塗装した部分の一部が固定側に密着することになるのですが、
翌朝確認したところ、ほとんど塗料落ちや塗料移りは見られませんでした。

明け方は10度以下になったのではないかと思われますが、意外と乾燥が早いです。
気候が乾燥しているからか?

一箇所だけ、夕方に塗った2階吹き抜けの天窓で、一箇所だけ網戸押さえのゴムストッパーに
塗料が移ったころがありました。
これは、問題はなし。

ということで、2日かけて、大小17枚の窓を塗り直しました。
使った塗料は、1ガロン缶の15%くらい。

塗料の使用量
↑ほとんど減っていない。

実は、東側の小窓の4枚が塗り残されています。
朝日しかあたらないし、風も吹き込まないのでほとんど雨も掛からない場所なので、
塗装もほとんどれかしていないとは思うので、後回しになっていました。
そのうち、時間切れ。

東側の窓4枚は次回
↑下の4枚が残っている。

そのうちに塗り直さないと。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。