8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雨水利用

第46回 雨水利用

以前からベランダで植物を育てている。
花が咲くのは娘の朝顔くらいで、あとは地味~な、樹木の苗。

盆栽ではありません。

「木」が好きなので、山から樹木の種子を集めてきて育てているのだ。

ハルニレ、アオダモ、オニグルミ、カツラ、イタヤカエデ、ハリギリ、クリ、ヤマグワ、ミズナラ、カシワ、アサダ、トチノキ等が現在のラインナップ。

エゾヤマザクラとかヤチダモ、ホオノキ、キタコブシ、シナノキ、クロビイタヤ、ヤマモミジ、アズキナシなんかは、種子を取ってきて植えては見たもののうまく発芽しなかったり、そこそこ発芽したものの、引越しによる気候の激変等で枯れたりなど、残念な結果に終わっている。

今、住んでいるところはベランダが狭いので、これ以上増やすのはちょっと厳しそうだが、家が建てば、庭でもう少し本格的に(=種類を増やす)樹木の苗造りをやりたいし、ビールのつまみ作り(枝豆とか・・・)も面白そう。

今のところ、狭いベランダの苗達には風呂の残り湯(冷めているので残り水?)をやっているのだが、庭が広くなったらそれだけでは足りないだろう。

で、集合住宅ではできなかった、雨水の利用をしてみようと思っている。

要するに、雨水を貯めて、庭仕事等に使うという、まあ、単純な話ですね。

北海道では、雨樋の無い家も多いが、我々が設計を依頼している事務所では、無落雪屋根+雨樋が標準的な構造になっている。
↓こんな感じ
雨樋設置例


で、この雨樋の下部に分岐をつけて、雨水タンクにつなげればいいだけなのだが、調べてみると、この「分岐」にも工夫があるらしい。
雨樋にあつまった雨水を全部タンクに入れちゃうと構造にすると・・・・・落ち葉、ゴミ、虫なども全部タンクにはいっちゃって腐敗の原因になるようだ。
で、落ち葉やゴミなどはそのまま流して、雨水だけをタンクに導入する、という触れ込みの雨水収集装置
↓これ
雨水収集装置外観

雨水収集装置断面図

このメカニカルな感じは・・・・・そう、ドイツ製です。
出典 : http://rainworld.jp/

これで集めた雨水をタンクに集めておいて、庭の水やり等に使うというわけ。

雨水タンク取り付け事例

ちなみに、上の写真のタンクは正真正銘の元ウイスキー熟成用樽で、値段はそれなりに高い。
しかも、木材にウイスキーがしみこんでいるので、1~2年くらいは雨水にほんのりとアルコールの香りが・・・・・・・。

ポリエチレンとかのタンクであれば、200リットル強で蛇口付きのけっこう良いものが3万円程度で手に入るみたいです。

↓ 英国ハーコスター社製 227リットル 2万6千円
ハーコスター雨水タンクキット

雨水収集装置、台、オーバーフロキットのセット価格で約4万円。

国産品であればもっと、ぐーっと安いだろうと思いきや、実はそうでもない。
100リットルのセットが2万6千円とか。

まだ時間があるので色々と物色して、よさそうなのを探しましょう。

まあ、家そのものの設計に大きな変更は必要ないので、設置自体には問題ないでしょう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。