8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬囲いの続き

第472回 冬囲いの続き

手が回っていなかった鉢植えズの雪囲いをした。
一つ一つは無理なので、一気に囲んでしまう方法を考えた結果、竹(笹竹)で枠を2つ作って、合掌造り風にお互いにもたれ合わせて自立させ、その上に余っていたビニールシート被せてみた。

↓こんな感じ
鉢植えの簡易冬囲い

このままだと吹雪いた時に吹き飛ばされそうなので、ビニールは枠にくくりつけ、枠自体も鉄製のフェンスとブドウ棚にヒモでアンカーを取ってみた。
さらに、角材を2つ、振り分け荷物風にしてビニールシートの上に載せて、上から押さえた。

どうだろうか。

これで一冬もつかな?

灌木の赤ん坊(サンショとムラサキシキブ)は、やはりこのままでは心許ないので、何かないかと探したところ、タマネギネットを発見。
これを利用して支柱にネットを巻いて上からの雪圧を軽減してみた。

↓サンショ。赤いネットは手元にあったタマネギのネット。節約節約。
サンショにネット

タマネギネットは一つしかなかったので、もう一つの灌木であるムラサキシキブには手が回らず。
このままだと雪の圧力で枝が折れちゃうんじゃないかと、心配なので、そのうちに防雪ネットでも買ってこよう。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。