8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

懲りもせず、へっつい窯の補強

第448回 懲りもせず、へっつい窯の補強

まだ続く、へっつい窯(粘土で作る、ピザ・パン焼き用の窯。アースオーブンなどとも言う)の補強作業。
基本構想検討、粘土焼結試験から、もう足かけ4年目です。
本年度こそは何とか完成に持ち込みたい!


前回積んだ粘土は、しっかり乾燥しているようなので、
山から採ってきた粘土を使って、補強作業を再開します。

↓粘土が乾燥して、まわりと同じ色になりました。
乾燥具合

↓クラックの位置も、想定通り。
右側乾燥具合

↓煙突孔周辺は、新粘土が旧粘土から浮き気味です。これは、しょうがない・・・。
煙突孔周辺乾燥具合

前回、ワラと合わせて練って寝かせて置いた粘土を採りだしてきて、再びブルーシートの上で練り直します。
砂と水を加えて、さらに練り練り。

ワラの分解が不足気味ですが、もう秋の気配も濃厚。
もたもたしていると年内完成がおぼつかなくなるので、エイやっ!で粘土積みに突入ー。

練り練りは、単純肉体作業の割りに時間も喰い、肉体的にもしんどいのであまり楽しくありません。
が、粘土積み作業はなんだかクリエイティブで、おもしろい。

結果。

外周は、もう一段、積み上げることができました。
後2段で完成かな?

↓同じ場所から採ってきた粘土なのに、何故か微妙に色が違う。なぜ?
外周4段目粘土積み

↓背面から見るとこんな感じ。
外周4段目粘土積み-背面

↓煙突孔周辺は、後一回で終わりそう。
煙突孔周辺の粘土積み具合アップ

↓現段階の全体像は、こんな感じ。
4周目積み後の全体像

だいたいイイ感じに仕上がってきている。
粘土も、この間、採ってきた分で足りそう。

屋根をかけるとき、煙突をどう処理するか、考えているところ。

あとは、細かい検討と工作が残っている。

例えば、薪の燃焼が終わって、余熱でパンを焼くときに、熱が逃げるのを防ぐためにする、煙突孔のフタ作り。
上室でピザを焼きながら、下室で薪を燃やすときに灰とかが上室のピザの上に降るのを防ぐ細工。

そう考えると、本体が出来ても、結構やること残ってるな。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。