8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スピーカーエッジの交換その2

第441回 スピ-カーエッジの交換その2

エッジの壊れたスピーカー、 JBL Control 3 pro のエッジを交換して蘇らせる作業その3。

エッジが崩壊したユニットを取り外し、ガスケットを外して、ボロボロのエッジを剥がしてユニットをきれいに掃除したところまでが前回。

いよいよ、新しいエッジを取り付けます。

↓新しいエッジを仮置きしてみると・・・
替えエッジ仮置き

写真では判りづらいですが、微妙に違和感があります。

んー・・・・
コーン紙とエッジがキチンとコンタクトしていない感じ。

↓アップにしてもわかりづらい
コーン紙のフチが少し浮いている

チェックしてみると・・・

↓コーン紙の外径が約89mmなのに対して、エッジの、のり代部分の外径は約86mm
コーン紙の直径  替えエッジの内径

このままではコーン紙とエッジがキチンと接着できない?
こんなものなのだろうか?

不良品かと思い、エッジを購入したネットショップのサイトを確認すると、寸法の載った図面がアップされていて、そこでも、糊代部分の外径は86mm。
不良品ではありません。

→ エッジの購入先 海外輸入品販売 ホビースィングズ

可能性・・・・まあ、こんなもんんだ。
可能性その2・・・オークションで買った中古品なので、もしかするとユニットが非正規品に交換されていた。

エッジ交換体験記みたいなサイトを幾つかチェックしてみたが、エッジの糊代が小さくて困ったというようなことは一切書かれていない。
とはいえ、わざわざ微妙にコーン紙部分だけサイズが違うユニットを取る付けるというのも・・・・
結構手間でしょうし、そもそもそんな都合の良いユニットがあるのだろうか?

原因を追及しても、目の前の現実は解決しないので、もう、エイやっ!で、コーン紙のフチをカット!
よく見ると、古いエッジに接着剤?ダンプ材?が浸透している部分が、部妙に1~2mmくらい残っているので、その部分を含め、コーン紙のフチを慎重にハサミでカットすることにした。

↓カット!
コーン紙を少しカット

↓以外ときれいにカットできて一安心。
フチはきれいに処理

これでだいたいサイズが合う。
それでも少しコーン紙がオーバーサイズ気味なので、あとは接着の時にエッジをコーン紙に合わせて引っ張り気味にして調整する。

次は接着だが、これも困った。

添付されてきた手引きでは、まずエッジをユニットに接着してから、コーン紙と接着するように書いてあるのだが、何せ小さいユニットなのでエッジをフレームに接着してしまうと、エッジとコーン紙が接触してしまう。
とてもそのすき間に接着剤を塗れるような感じではない。

コーン紙がでかければ、フチを少し持ち上げて、ということも可能だろうが、こんな小さなユニットだと、それをやるとコーン紙が折れそうで躊躇。

いろいろ試行錯誤の結果、まずはコーン紙とエッジを接着してから、センタリングしつつフレームに接着することにした。

↓エッジとコーン紙の接着。ユニットが小さいので、エッジへの接着剤塗布も一苦労。
エッジにボンド

↓なんとか接着完了。
エッジ貼り付け完了

↓いちおう、きれいに仕上がったと思うのだが。
コーンとエッジアップ

あとは、ボイスコイルがマグネットにこすれていないか、コーン紙を前後に動かして確認しつつ、エッジをフレームに接着。
その上に、外して置いたガスケットを載っけて、重しをしてしばらく安静に。

最後に、ばらした手順と逆の手順で組み立て。
コードの接続を間違えないように。

↓再セット完了
再セット完了

数時間、接着剤が固化するのを待ってから音入れ。
最初は恐る恐る、最小ボリュームから。

音割れが解消していることを確認したら、徐々にボリュームアップ。

くっきりとした中、高音域にくらべ、低音が出てこない。
しょせんミニサイズなので、豊かな低音とはいかないのだが、前よりも硬いか。

エッジに余計なテンションがかかっているのだろうか。
いずれにしても、崩壊寸前のふにゃふにゃエッジよりは新エッジの方がダンプが効いているだろうから音質が変わるのは致し方なし。

しばらくは慣熟運転か。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。