8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

炎天下で薪割り

第408回 炎天下で薪割り

先週貰ってきた、公園などの剪定、枯損木を、早速玉切りにし、割りました。

しかし、折しも北海道は猛暑!
今年初の真夏日(気温30度以上)で、なんと、この週末は梅雨最中の本州以南よりも気温が高い!

とはいうものの、目の前にゴロゴロと丸太が転がっていると、はやく薪にしたくなるのが心情というモノ。
この気持ち、薪ストーブ愛好者の皆様には判っていただけるでしょうか。

まずは玉切り。

細いものは、ウマの上で、太いものは転がしたままで、玉切ってゆきます。
道具は電動チェンソー。

↓これ。一応、ソーチェーンはオレゴン。
電動チェンソー

住宅街で使用するので、騒音が小さいのが採用の主な理由なのだが、反面、やはりエンジン式のチェーンソーに比べて非力なのは否めない。
そして、刃渡り(?)が30cmしかない。

今回、結構太い丸太も貰ってきたので、左右から切り込まないと切断できないモノもあった。
逆に言うと、刃渡りは30cmもあれば、とりあえず充分ということか。

↓玉切りの成果
玉切りました

割る必要のない細いものは、すぐに、薪ラックに積んでゆきます。
奥に見える薪は、左側の少し高く積んであるのは、工事伐採木を貰ってきて薪に自分で薪に切ったもの。
細いので割る必要がありませんでした。
で、ほとんどがヤナギで軽い軽い。
あっという間に燃え尽きそうな感じの薪です。
これが、一気に火力を強めたい窯とか五右衛門風呂には、かえって良いのではないかと思います。

玉切りが終わったら、いよいよ薪割りです。

自分は斧ではなく、クサビ&ハンマーで割ってます。

斧だと、達人ではない自分では、振り落とすたびに打撃ポイントがずれちゃって、太いものやワルがなかなか割れないと思いますが、クサビだと打撃ポイントが固定されるので、かなり硬い丸太や、節のあるワルでも、徐々にクサビを打ち込むことで、割ることができます。

本当は、高くて斧が買えなかったんです。
上で書いていることは負け惜しみです。

ちなみに、ハンマーは妻の実家からの借り物。
もともとは建築現場で使うためのものようですが、ヘッドが3.6kgで薪割りにちょうど使いよい感じです。

↓クサビを丸太に打ち込んで固定するために、小さいハンマーも使ってます。特殊なハンマーですが、判るかな?
割ってます

週末2日。
合わせて、多分3時間くらいの薪割りの成果です。

↓太ーいのと、こぶ、節付きのワルは、後回し。
7割完了

残りはもう少し涼しい日を選んで、割るつもり。

いやー、薪割りの後で、露天風呂入って汗を流し、その後に飲むビールの美味いこと!美味いこと!
このために生きているって感じですな。

さて、現在の薪の状況はといいますと・・・。

下の写真の一番奥(左)が、上でも書いた工事伐採木。
ヤナギばっか。

窓の下に低めに積んであるのが、昨年に引き続き、黒松内町の木こり屋さんから購入したもの。
広葉樹(樹種は色々)で未乾燥。
一夏乾かせば、今年の冬に使えます。
薪ストーブ燃料の主力はこの薪。

家の角にそって積んであるのが、昨年、ダム湖に流れ着いた流木を貰ってきて(これも新聞で無料配布の記事を見つけて取りに行った)割ったもの。
流木の配布が夏~秋で、割ったのがもう秋口だったので乾燥が甘くて昨冬は使えなかった。

流木や工事伐採木は、五右衛門風呂とか窯の燃料にするつもりです。

↓南側と東側の敷地。
南~東の薪

木こり屋さんから購入した薪は、西側にも積んでます。
昨冬はちびちびと薪を燃やしていたので、2.5立米購入した薪が結構余りました。
余った薪は、露天風呂横に積んであります。

ここだと、屋根もかかっているし壁もあるし、おまけに室内から直接取りに行けるドアもあるので、冬になっても便利に使えます。

↓西側
西側の薪

あー、体痛い~。
たった3時間の薪割りで筋肉痛だぁ・・・。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。