8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

わずか一回の使用で破壊

第355回 わずか一回の使用で破壊

完成した扉の勇姿

ついこの間完成したばかりの窯のフタ。
第2回目の舞台を踏むことなく、こんなことに・・・・・

ばらばら

どうやら、この間の台風の時の強風にあおられて、下に落ち、その時の衝撃で壊れてしまったようです。

そんなに簡単に壊れるのか?!

と思って、よーく見てみると、
扉の素材として抜擢した、天井などによくつかう不燃建材が、
第一回目の使用の際の強熱でかなりもろくなっていた模様。

↓もともと軽い素材でしたが、前よりもフカフカ(?)になっている感じ。
扉材アップ


もう、指で簡単に凹むくらいヤワ。
うーん、不燃材ではあるけれども、耐火材(耐熱材)ではなかったということでしょうか。

↓一応、ワッシャーをかましてあるのですが、素材が取っ手の力に負けて、割れています。
おまけに、熱で木製の取っ手の付け根部分が焦げてます。
崩壊した取っ手部分

素材を見る目がありませんでした。

2代目の扉はどうするか。
金属板の本格的な扉を外注するなんていうのは、エラく高くつきそうなので却下。


珪カル板はどうだろうか?
あるいは、もう、粘土で作るか?
それとも 窯側 →金属板+グラスウール+金属板+取っ手

という感じではどうだろう。
うーん、グラスウールも細繊維だから燃えちゃうんだろうか。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。