8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

粘土窯でピザ焼き第2弾

第350回 粘土窯でピザ焼き第2弾

扉も出来たことだし、二層目の粘土も乾いたことから、第2回目のピザ作りのトライ!
中心部が生焼けだった前回と同じ轍(てつ)を踏まないように、今度は、ピザ中心部を薄めに作ることに。
そして、窯の中ではじっくりと時間をかけた焼き上げることにする。

↓2層目の粘土がかなり強烈に割れている。とりあえず無視。
強烈なひび

新聞紙と焚き付けで無事点火。
約30分の燃焼で、ドームは触ってられないくらい、熱くなる。
上部燃焼室めらめら

炉内温度を少しでも上げようと、手づくり扉をセットすると・・・
扉をセット

↓扉から煙が・・・・
扉から煙が・・・・ 扉がこげた
かなり強烈に熱せられているようで3重の防火(不燃)材料を突破して、紙っぽい表面が徐々に黒こげに。
扉の素材そのものは燃えてはいないようだが・・・。
取っ手の木材も、扉に接している部分が焦げている。
大丈夫だろうか?

まあ、それはそれ、これはこれで、今回は少し薄目に作ったピザを窯内に。
直ぐに扉をセットして熱ができるだけ逃げないように・・・。

ピザ第2弾

じゃじゃーん!
こんどこそ成功!

piza第2弾成功

ドーム粘土を継ぎ足さなくとも、とりあえずはピザは焼けることが確認できた。
とはいえ、炉内が冷めやすいような気がする。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。