8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

へっつい窯・・・ドーム製作に着手

第338回 へっつい窯・・・・ドーム製作に着手

流木の始末がついたので、窯に戻ってきた。

中棚が無事に載ったので、次はいよいよ上部火室へ。

まずは材料チェック。
2~3ヶ月前にワラスサと混ぜて寝かせておいた粘土を確認。
青シートでくるんではおいたのだが、少しづつ水分が抜けていったようで、けっこう硬くなっている部分がある。
粘土の山を削って、水を加えて青シートの上でしばらく踏み踏みしてみると、問題ない柔らかさに戻る。
よしよし。

↓丸いのが試しに踏み踏みしてみた粘土。
上部火室用の粘土

次に、少しでも収縮を抑えるために、粘土と砂を混ぜる。
上部火室用粘土を砂と混ぜる

砂と粘土は、大体同じくらいか、粘土の方が少し多目。

これで、ブルーシートをかぶせて足で何度も踏みつけます。
平たくなったら、粘土を折り畳んで又踏み踏み。

何度も繰り返すうちに、砂も全体にまんべんなく行き渡り、粘土そのものも少し柔軟性を持ってくる

↓砂を混ぜた粘土をアップにすると、こんな感じ。
上部火室・砂との混ざり具合

この粘土で、中棚の上にドームを作るわけだ。
硬化していない粘土で、いきなりドームを作るのは無理なので、土や砂で饅頭(ドームの型)を作ってその外側を粘土で覆っていくやり方を採るのだ。
が、きちんとした形で土饅頭を作るのは難しそうなので、先に、粘土んでドームの外周部を作ることにした。

ドームの形状を頭の中で想定して、中棚に下書きをする。
そして、その下書きに沿って粘土を置いていく。
下書きに沿って粘土を配置

煙道部分は、段ボールで覆っておく。
煙道部分は段ボールで塞いで

で、ぐるりと粘土を置いていく。
これが、ドームの基礎部分。
この中に、土や砂でドームを作るというわけだ。

壁の厚さは10cm。

ぐるりと粘土を配置

新聞紙を強いて土砂を置いていく。
本当のあんこ部分は、敷地から出てきたコンクリート殻や石を積み上げる。

新聞を敷いて土砂を置いていく

焚き口部分は段ボールで製作。
焚き口の型枠

ところが、ドーム型にきれいに土を積むというのはなかなか難しいことが判った。
壁の立ち上がり部分は垂直に近くて、土が崩れてくる。
土に水を含ませてみてもダメ。

しょうがないので、ドーム型の製作と粘土の立ち上げを平行して進めることにした。

粘土積み

ということで、本日はここまでで時間切れ。
続きは明日。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。