8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

庭で採れたエダマメで一杯

第325回 庭で採れたエダマメで一杯

エダマメで一杯


北海道の短い夏が終わろうとしています。

エダマメが、ようやく収穫できるくらい、成長しました。

取れたてを茹でて、プレミアム恵比寿で一杯!
うまーい!

↓収穫前の状況。最初は成長が遅くて、やきもきしたけど、結構なりは良かった。
エダマメ収穫前

引き抜いてみると、根張りは深さ方向、広がり方向とも、せいぜい、およそ30cm程度。
意外と狭いもんだ。
エダマメの根張りは約30cm

下の写真は根についていた根粒細菌のこぶ。
これが空中の窒素を固定してくれる。
窒素分の足りない土壌では、このこぶが多く、窒素が充分ある土壌では、こぶの数も少なくなるそうだ。

世界で初めて、無農薬リンゴの栽培に成功した方の本に、根粒細菌の付き具合で土壌を判断するなんてことが書いてあった。

根粒細菌

枝葉は落として、堆肥箱へ。

一株から約40さやの収穫

この株は、わりと多くさやがついていたのだが、一株で約40さやの収穫となった。
ほぼ全滅したソラマメ(結局3さやしか収穫できていない)に比べると、抜群の成績。


FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。