8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「へっつい窯」改め「アースオーブン」

第317回 「へっつい窯」改め「アースオーブン」

山で取ってきた粘土で、庭に、ピザやパンを焼く窯を作ろうとしている。

庭に自作でピザ窯を作ると言えば、耐火レンガを使うのがもっぱらのようで、粘土で作っている人は、なかなかいない。

で、粘土で作ったそのような窯を一般的になんと呼ぶのか判らず、昔の台所にあった、土や粘土でつくられた「かまど」=「へっつい」から連想して、自分では「へっつい窯」と呼んできた。

一部の地方では「くど」「おくどさん」などとも呼ぶらしい。

「へっつい窯」の制作がいよいよ具体化ステージに入ってきたことから、ネットで色々と情報を漁っているうちに、そのような窯のことをかっこよく「アースオーブン」と呼ぶらしい、ということが判った。

何でも英語(や外国語)で言うのには少々抵抗感があるが、以降、自分も適宜、「へっつい窯」と「アースオーブン」の両方を使おうと思う。

山から持ってきた粘土は、篩って、ワラと水を入れて練った結果、こんな感じ。

↓強烈に粘るので、クワで混ぜるのも大変。
練った粘土のアップ

調べてみると、割れを防ぐために、粘土に砂を混ぜると良いらしいということが判った。

昨年までの焼結試験では、砂等は加えておらず、そのせいかどうか、乾燥による割れに悩まされていた。
どれくらい砂をまぜると良いか、はっきりしないので、早速、試験をしてみることにする。

↓まずは、粘土2対砂1で試してみる。あくまで目分量。体積比。
砂1粘土2

↓まぜまぜ・・・・・少し水分が多すぎたので、整形前にしばし放置して水分を飛ばす
砂と粘土をねりねり

少し水が飛んだところで、手で整形。
サイコロ型のテストピースを作る。砂が入っているのは、あまり判らない。
砂混じり粘土でテストピース 砂混じり粘土テストピースアップ

↓一週間の自然乾燥後。
乾燥後のテストピース

割れは見られません。
イイ感じです。

もっと砂を混ぜても良いかもです。

次は 1:1 で試してみましょう。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。