8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カツラを植える

第288回 カツラを植える

予告通り、今度は西側の庭にカツラを植えました。

あの、「桂離宮」のカツラです。

秋には真っ黄色な紅葉が美しい樹木です。
葉からは甘い香りが漂います。
特に、枯れた葉はジャムのような匂い。
山を歩いていても、匂いでカツラの木が近くにあることが判ります。

樹形が美しく、いかにも「樹」っていう感じ。
山では大木になります。

だから、公園などで刈り込まれて生垣になっているのを見るのは少し寂しい感じがします。

+ + + + + + + + + + + + + + + +

やはり、植木村で探しました。

ある造園屋さんで見つけたのが、山から掘り出してきたという高さ3mほどのカツラ。
枝振りもよろしく、値段もそこそこだったのでお買いあげ~。

↓植えてあったので、掘り取ってもらい、むしろ掛け。
カツラの掘り取り カツラの掘り取り-むしろ掛け

始めは、助手席を倒せば自家用車で運べるよー、という話だったのですが、やってみると、どうも少しだけ大きすぎる。
結局、カエデ同様、家まで運んでもらうことになった。

ちなみに、この造園屋さん、山から取ってきた樹木が多くあり、自分とは趣味が合う。
和風、あるいは和風モダンの庭が得意のようだ。

↓250万円のイチイ。
250万円のイチイ

トラックから降ろして、一輪車で植裁予定箇所まで運搬。
カツラ運搬

↓植裁予定箇所。
カツラ植え付け予定箇所
実家からもらってきた玉石で周りを囲み、少し盛土にしてみた。
運んできたカツラを仮置き。
見栄えが良くなるように、あちこちから眺めながら、グルグル木を回してみる。
カツラ仮置き-根元 → 回してみてあちこちから眺める

置き方が決まったところで、すき間に土を半分くらいだけ入れる。
むしろはかぶせたまま。
1ヶ月くらいで腐って土に還るそうだ。

半分土を入れたら、おもいっきり水を入れ、棒で突き固める。
根の下の方までしっかりと土を入れ、根と土を密着させるため。

それが終わったら、もう一度、今度はもともと地面に埋まっていた所まで、土で埋め戻す。
そして、しっかり踏み固める。

最後に、たっぷり水をあげて植え付け終了。
かつら-水をたっぷりあげて完了

↓完了
かつら定植完了


FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。