8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

端材でミニテーブル作成

第267回 端材でミニテーブル作成

ミニテーブル


以前、家具工房から、チギリ細工のしてある、厚さ5cm以上の無垢材の端材をもらった。
籐のチェアで本を読んだりしている時に、飲み物などを手元に置くための小さなテーブルがあったらいいな、と思っていたので、この端材をつかって作ることにした。

↓もらった端材。もともとはもっと白っぽい材なのだが、リボスの塗料を試し塗りしたら少し濃い色になった。
ミニエーブル端材

ホームセンターで取り付け用のネジが内蔵済みの脚を一本購入。
ミニテーブル木脚

手元にあったリボス社の「アルドボス」でさっと塗装。

この小さな端材に木製の脚が4本も付くと、脚だらけになっちゃうので、他の脚は鉄筋で作ることに。
露天五右衛門を作った時に余った鉄筋をグラインダーで適当な長さに切断。
鉄筋の脚 鋼脚細工

端材に、鉄筋がぴったり収まるサイズの孔を開けて、鉄筋をねじ込む。
鉄筋の脚は、安定性を考えて下広がりになるように斜めにしてみた。

下の写真ではあまり判らないが、角度を測る道具がなかったので適当に斜めに孔を開けたら、実は、左右で斜め度合いがちょっとバラバラになってしまった。
ミニテーブル概成

ここままだと、木の床が、鉄筋で引っかかれるので、木材でキャップを作る。
ハンガーラックを作った時の端材 (コスト縮減のため、何でも端材で済ます・・・^ ^;; )
を2.5cmに切って、鉄筋がぴったり収まる孔を開ける。
これが結構、難しい・・・。
最後に、面取りをして完成。
鋼脚キャップ  鋼脚キャッピング

木製の脚が、もう少し細い方がバランスが良いかも。
でも、まあまあの出来かな。

景色を眺めながら、一杯・・・・・・・が実現。
ミニテーブル完成

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。