8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雪が融けたらガーデニング

第259回 雪が融けたらガーデニング

敷地東側の、道路と接するのり面は、B級品の石を格安で買ってきて(2トンで4000円!)自力で石を積み、土留板を設置した。
↓昨年(2008年)秋の作業状況
石積みその4
↓完成時
石積みよう壁遠景

完成したのが秋も大分遅くなってからだったので、手元にあった貰い物のクローバーのタネを部分的に播いただけで、あとは土のままの状態で冬を迎えた。

上の写真で、ちょっと緑に見える部分がクローバーを播いた部分。
すぐに冬になっちゃったので、クローバーもあまり生長しなかった。

いつも楽しみしている某ブログ(ふたりつくった家・猫・暮らし)では、プロの仕事をきちんとなぞることの大切さ等を説いていて、全くその通りと思いつつも、お金もないことから、本来は行うべき裏込め砂利や基礎コン等もすべて省略して、土の上に直接石を積んでいる。

初冬には霜柱がずいぶんと立って、それが溶ける時にのり面の土がポロポロと崩れてきていた。
石積み自体は、今のところ、大きな変状は見られないが、春になって雪が融けたらどうなっていることか、少し心配ではある。

↓冬になってしばらくは雪が少なくて石積みが見えていた。
東側のり面の石積み-初冬 

こういうときの方が、寒気をモロに受けるのでダメージが大きい。
↓石の表面が凍っている。
東側のり面の石積み-石アップ

↓ここのところの降雪で、すっかり雪に覆われた。
東側のり面積雪状況

石積みのダメージも心配だが、このまま土を剥き出しにしていると、雨やら霜やらでのり面が崩れてくるので、なんとか植物でカバーしたいと思っている。

西向き斜面で、西側に建物があるのであまり陽が差さない。
で、冬は上の写真のように積雪。
という条件だと、何を植えれば良いのだろうか?

グラウンドカバー、日陰とかで検索すると・・・・ 「タマリュウ」 

地味だ・・・。
そのせいか、あまり取り上げているブログも見あたらない・・。

ガーデニングの本とかも、ほとんどが関東地方を意識して書かれているので、寒冷地である北海道でそのまま適用して良いものやら、素人には判断が難しいところがある。

やはり、近所に相談相手を見つけるのが大事だなぁ・・・。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。