8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

五右衛門風呂の火入れ

第227回 五右衛門風呂の火入れ

自作露天五右衛門風呂シリーズ いよいよクライマックス!

本日、札幌は雨模様。
しかも、いまは夜。

もし、炉の調子が悪くて火の粉なんかが吹き出しても、今なら暗闇にまぎれて見とがめられない。
そしてさらに、雨が降っているので間違っても火事なんかにもならないだろう。

ということで、本日は初・火入れびよりということである。

そうと決まれば最後の仕上げを急がねば!

コンクリート打設から1週間経っており、かなりの強度が出ているはずなので、煙道部分の仕上げに着手。

↓煙突はめこみ部分の型枠(段ボール)を外す
煙突型枠  煙突型枠外し

↓さらに、中の煙道部分の型枠(古新聞をビニールで来るんだもの)を引きずり出す
煙突型枠外し後  煙道型枠

↓煙道が姿を現した
煙突はめこみ部分

煙道メンテ孔に、フタを取り付ける。
煙道メンテ孔 → 煙道メンテ孔にフタを取り付ける

フタは、煙突の部品。
孔を少し大きめにしておいたので、フタをはめ込むと少々ゆるい。
そのままにしておくと煙りが吹き出してきかねないので、スキマを埋める必要がある。
断熱材のグラスウールなら燃えないだろうから、少し買ってきてスキマに詰め込もうか・・・・
と思ってホームセンターに行ったら、
ストーブ(の煙突)コーナーに、グラステープなる材料が売っていたので、思い直してそちらを
試してみることにする。

ちなみに、煙突も少しゆるいので、そちらもグラステープで調整する。
煙突のスキマもグラステープ
白いひも状のものがグラステープ。
暫定セットなので、余ったグラステープがびろんと垂れている。

見て判るとおり、ガラス繊維を編んで幅5cmくらの帯状にしたもの。
柔軟性は充分。ちなみに2mで980円だった。

そして、水を入れて点火!!!
燃焼中

燃料が建築端材で充分に乾いているせいか、あっという間に絶好調で燃えだす。
心配していた煙道も、概ね順調に機能している。
設計時の思惑通り、だいたい前面の焚き口から空気を吸って、炉の奥にある煙道に流れていくよう
だ。
一安心。

↓煙道部分は、かなり暖かい・・・・というか熱い!
かなり熱い
写真では、平気そうに触ってますが、5秒と持たないくらい熱い。
ということは、燃焼後の高温の排気が、煙道を通じ、途中でお湯やら炉壁やらを暖めて、その後煙突で排気されるということ。
まさしく期待したとおり。

しかし、水は少なめだったのだが、慣れていないせいか、お湯が沸くまで1時間以上かかってしまった。

底に敷く「すのこ」はまだ出来ていないので、端材を風呂に投げ込んで、それを足と尻の下に敷いて入ったのだが、やっぱり気持ちいーーーーっ!
露天風呂完成姿

↓火が落ちた後の煙道。
煙道メンテ孔を開けてみると
かなり煤がたまっている。
今後、マメに掃除をせねばなるまい。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。