8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

とうとう来た 不動産取得税納税通知書

第19回 とうとう来た 不動産取得税納税通知書

第13回でも書きましたが、土地の所有権移転登記をすると、その情報は自動的に道税事務所に送られて、不動産取得税を払ってねー、と通知書が送られてきます。

本当に来ました。

↓これですよこれ、税金払えー ていう通知
不動産取得税


電話では、3ヶ月くらいで通知書がとどきますから~、と言われたのですが、今回は

所有権移転登記  6月末
納税通知書送付  9月末

ほぼぴったり3ヶ月ですね。
もしかすると、社会保険庁みたいに忘れてないかなー、とか、ずさんな手続きで、見落としてくれないかなー、とか期待してたんですけど、ダメでした。

あら、コンビニじゃ払えないのね。
銀行とか郵便局、信金で払ってくれだって。

額は 課税標準額÷2×3%・・・・・
 けっこうでかいよー
  課税標準が1千万円だとすると 税額は15万円

土地を手に入れてから3年以内に住宅を建てれば、その旨申請すると税金が還付されるんですね。ちゃんと、その旨をお知らせするチラシが同封されてました。

建て売り住宅だと、即、税額を減額してくれるみたい。

これから建てるって場合は、建物が確定した時点で、税額を減額してくれるとのこと。

建物が確定した時点で、ってのは、減額(あるいは還付)の申請には以下の書類の内、どれかを添付しなくちゃいけないからなんですね。

1.建物登記事項証明書(建物全部事項証明書)
2.建物表題(表示)登記済証の写し
3.検査済み証(床面積の記載のあるもの)
  ※床面積の記載の無い場合は、確認申請書1~5面の写し

床面積にこだわってるのは、住宅の床面積についての条件がついているから。

あまり狭いものとか、広すぎるものは減額の対象外。
具体的には50平米以上240平米以下が減額の対象。
で、減額の計算は下の1と2の計算結果の内、多い方の額が減額となる。

1.45,000円
  ※税額が45,000円以下の場合は、税額。

2.(課税標準額÷土地面積(平米)÷2)×床面積(平米)÷2×3%
  ※床面積は100平米が上限

 これまたでかいよー
 仮に土地面積200平米(60坪)で1千万円の課税標準の土地に、床面積120平米の家を建てるとすると
 
 減額=10,000,000÷200÷2×100×2×0.03=150,000円

  つまり、税額ゼロになるわけよ。

我が家の場合は、現在、設計協議中なんで、床面積どころか五里霧中なわけで、まだまだ論外。
でも、3年以内であれば税金の還付の対象になるので、とりあえず払っといてやるか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。