8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

浴室の床工事

第161回 浴室の床工事

内装関係の工事が急ピッチで進んでいる。

新宅では、浴室やトイレ等の水回りは、鉄筋コンクリート製の駐車スペースの下にまとめtられている。

ここの床張り工事が始まった。
まずコンクリートに木材を固定し、一部は金属製の束で支持。
浴室床の根太


そして構造用合板を敷く。
断面的にはこんな感じ。
浴室床断面


床下に結構空間的余裕がある。
この空間のおかげで、後々のリフォームや維持管理、補修がずいぶん楽になるはず。

↓ここは、給湯器などが置かれる、洗面所裏の納戸スペース。
張られた浴室床の状況


↓ここは、木造部分と鉄筋コンクリート造部分をつなぐ通路。
RC部分と木造部分の床の段差

点前側が鉄筋コンクリート造部分。
床に段差があり、手前側のRC造の方が低くなっている。

最終的には、構造用合板の上に、厚さ30mmの無垢床材を設置して仕上げる予定。

↓RC造部分の配管、配線も徐々に工事が進んでいます。
RC造部分配線と配管

太いのは換気用。
白い(シースを被っている)のは、暖房用の温水配管。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。