8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

とうとう契約 ( けっこうゴタゴタ )

第14回 とうとう契約 ( けっこうゴタゴタ )


6月中旬の土曜日。

いよいよ、土地売買契約。

場所は不動産屋さんの店頭テーブル。

初めて売り主の方と対面。
よろしくお願いします。

宅地建物取引主任者(不動産屋さんの奥さん)が資格証(?)をテーブルに提示して、まずは重要事項の説明が始まった。

身を入れて、一つ一つ確認しながら、十分に理解できないことは何度か聞き返して小一時間、説明を聞く。
途中で接道の記述に間違いがあることに気が付き指摘。
後日修正することで3者了解。

納得したところで、双方、契約書にサイン、捺印。

手付け金を支払って領収書を頂き、無事に契約終了。

あー緊張した。


引き続き、契約書に添付した収入印紙(の半額分)と不動産屋さんへの仲介手数料(半額)をお支払い。
仲介手数料の残り半分は、残額支払い時。

その後、少し補足的なことを聞いたり、世間話をしたり。
売り主の方から、愛着のある土地なので、大事に使って下さいとのお話し。
近所の方から、変な人には売らないでくれ、と言われていたのだが、ちゃんとした人で安心した、との有り難いお言葉。

最後に残金の支払日について、打ち合わせ。
当方、7月に入ると猛烈に忙しくなる予定なので、6月中にしたい旨を申し出て、早ければ来週ということにする。

以上、1時間半ほどで完了。

皆さん冷静なようでしたが、実はけっこう緊張していたようで、間違って売り主宛の領収書を私が頂いていました。
一つ一つ書類を確認していたのに、不動産屋さんも、売り主も、私も妻も、その時は誰も気が付かず。
帰宅してから書類を見直していて気が付き、残金支払い時に交換する(私あての領収書が売り主に行っていた)ことにしました。

みんなイイ人ばかりでよかった。

教訓:慎重の上にも慎重に。

****************************************************

平日の半日、なんとか仕事を休んで妻と一緒に金融機関めぐり。
振り込み手数料を惜しんで、いくつかの金融機関で現金を下ろして一つの口座にお金を集める。

頭では何も起こらないと判っちゃいるが、札束を背負って人混みの中を歩くのは、一人ではちょっと恐ろしい。

***************************************************

6月下旬。
契約から1週間後。

仕事を休んで、残金の支払いおよび権利書の受領等、最後の詰め。

場所は、当方も売り主も口座を持っている、某銀行の支店2階の会議室。
その銀行からお金を借りるわけでもないのに、売り主さんが場所を借りてくれた。

まあ、こっちの口座(別の支店)からあっちの口座(会議室を借りた支店)に
大金が動くんで、その支店にとってはメリットがあるということか。

普通の振り込みだと、振込先の相手の口座にお金が入ったことが確認できるまで、それなりの時間がかかるのだが (特に口座のある支店が違うと)、支店の人の説明では、振込元(当方)と、振込先(売り主)の両方の通帳があれば、すぐに入金できるとのこと。

それでは・・・・・早速、手続きに入りましょうか・・・・

では、土地の権利書を・・・・・・あれ?
権利書、足りない!?

法務局のおっちゃんによれば、権利書は3枚のはずだが、権利書は1枚だけ。
他になんだか由緒ありそうな書類もあるが権利書ではないぞ!?

不動産屋さんも、汗かいて、あわてている。
「いやいや、これじゃなくて、コレコレのような書類があるはずですよね!」

あちこち電話したりした結果、どうやら売り主の方の単なる勘違いらしい。
家に戻って持ってくることになった。

小一時間待ちぼうけ。

このハプニングでよけいな時間がかかったが、それ以外は順調に進み、振り込み依頼書に8桁の数字を書き込み、捺印。

土地権利書、売り主の方の印鑑証明、売り主の方の住民票を頂き、
所有権移転登記申請書類等に住所記入、サイン、捺印を何度も何度も何度も・・・ちょうどお昼で完了。

お疲れさまでした。
何かありましたらまた、よろしくお願いします。

まずは、ラーメンで腹ごしらえ。
重要書類の入っているカバンを空いている席に置いたら、妻が不安そうに辺りをきょろきょろ。

その後、早速、所有権移転登記のために法務局の某出張所へ。
相談窓口で、最後の書類確認をしてもらってから正式申請。
やっぱり、窓口の人は親切。

お昼休みの閑散とした出張所で、あっさりと手続き終了。
翌営業日後(とは言わないけど)にもう一度来てください、とのことでした。

これで、通帳の上の数字が、現実の土地になっちゃったワケですな。

(補足)

昔と違って、今は俗に言う「権利書」(不動産登記済明書)って、無いんだそうです。
今はコンピュータ上に情報があって、オンラインで情報を確認できるので、「登記識別情報通知」という紙(ありがた気な)が一枚、交付されます。
ここに記載された登記識別情報が暗証番号と同じく、所有者の本人確認の番号となるそうです。
要するに銀行の暗証番号と同じ、ということらしい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。