8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

台所水栓(TOTO・TKF51P)が水漏れ

第727回 台所水栓が水漏れ

家を建てて7年。

とうとう台所の混合水栓から水が漏れるようになってしまいました。

型番はTOTOのTKF51P。
先端で開閉操作が出来るので、濡れた手で操作しても
根元がビシャビシャにならないところが気に入っています。

が、蛇口をどんなりきっちり締めても
タラーっと水が流れるようになってしまいました。

201512 台所水栓 水漏れ
↑水漏れ。これで全閉です。

ネット情報だと、家を建ててから7年目くらいから同じような症状がでてくるようです。
経年劣化なのでしょう。

で、パッキンだけを取り替えれば直るというようなものではなく、
TOTOのパーツセンターから部品を取り寄せる必要があるようです。
しかも値段は5千円前後とのこと。
うー・・・・高い・・・・。

せめて交換だけは自分でやろうか・・と思い
(某WEBSITEに、5~10分の作業で工賃と出張費で1万円近取られた 
 ・・・と書いてあってビビった。)
事前に分解をしてみました。

201512 台所水栓 分解
↑水栓のヘッド部分を分解。

ちなみに、水漏れの原因は根元の温度調整部分だった!という記事も発見しているのではあるが
とりあえず、一番頻繁に動かしていて、水漏れの原因として一番怪しそうな
ヘッド部分から取りかかることにしたのです。

201512 台所水栓 分解2
↑まずは水栓ヘッド部分の取っ手を外す。

バルブの機構部分です。
隙間から進入したと思われる汚れが付着しているので、これを掃除。

そして、メカニズム確認のためにカチャカチャ動かしていると、
ん?んん?
何やら、カチッ・・・・と手応えが。

元栓を開けてみると ( 分解掃除の前には、当然ながら、水とお湯の両方の元栓を止めています)
なんと、きっちりと水が止まっているではありませんか。

何でかよくわからないか、
このまま、うまくカバーのレバーを取り付けることができれば
一件落着ではないですか・・??

201512 台所水栓 自然治癒
↑自然治癒。

ということで、慎重に取っ手を付け直して・・・・・・・
大丈夫。
今度はきっちりと水が止まっている。

いやー、何にもDIYしてないのに(苦笑)。

5000円儲けたというべきか、今直しとけば、まだ部品の供給はあるけど、
後数年後に壊れても、もうぶひんは残ってないよー、という
大どんでん返しの伏線を疑うべきか・?????

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

PageTop

庭の冬支度

第726回 庭の冬支度

とうとう本格的な積雪シーズンに突入。
ゆっくり冬支度をしてたら、突如の大雪で庭のベンチとテーブルが雪に埋もれてしまいました。

201511 雪に埋もれたガーデンベンチ
↑一晩でこのありさま。

このままで一冬越すと、せっかくのベンチとテーブルが激しく傷みそうなので
雪を落として、撤収することにします。

ついでに、鉢植えのたぐいもいっしょに冬支度。

201511 ガーデンベンチを撤収
↑ベンチ、テーブルの上に鉢植えを並べて冬支度。

今年の春先に作った屋根スペースにベンチとテーブルを積み上げました。
多少は雪が吹き込むでしょうが、積もるほどではないかと。

ついでに、鉢植えなんかも並べてみました。

上段の写真にチラリと写っている、たき火炉の鍋吊り下げ器も
分解して撤収し、物置にしまいました。

下段の写真の右端に写っている雨水タンク(濃緑色の物体)も、
水を全て捨てて
(数年前、水捨てを失念したまま冬をむかえたら、凍った水が膨張して
 一部破損しちゃったんで、それ以来、気をつけてます)
内部をブラシでざっと洗いました。

これで冬支度は大体終わりかな。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。