8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダッチオーブン料理 スモークベーコン完成編

第693回 ダッチオーブン料理 スモークベーコン完成編

スモークベーコン完成編。

スモークはサクラ材です。

薪の中にサクラ材はあったような気がしますが、
最初なので安全策でスモーク材は買って来ました。

201501 スモークチップ
↑これだけ入って400円しないんですね。

肉が500gくらいだと25gで充分らしいとのネット情報に従い、
きっちり25g。

201501 桜チップは25g
↑サクラのスモークチップを25g。

前回記事に書いたとおり、
ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷いて
そこにサクラチップ25gを散らします。

網を置いて、肉はその上に。

そしていよいよ着火!

最初はフタの隙間から少しだけ煙が漏れてきますが、
そのうちに肉の脂や水分が落ちて、蒸発したものが隙間をシールしたみたいで
煙が漏れなくなります。

その分、ジュウジュウ、ジリジリ油や水分が落ちる音が、
激しく聞こえます。

待つこと60分。

201501 ベーコン スモーク後
↑スモーク60分後。

できました。
旨そう・・・・・・・。

思いつきでひょいっと乗せたウィンナーも
おいしそうにスモークされてます。

201501 スモークベーコンの仕上がり
↑中までしっかり火が通っています。

スモーク材のサクラチップは、滴り落ちた脂の中です。
こんなに脂が落ちるなんて・・・。

脂受けを別にセットしたら、
チップがもっとちゃんと、最後まで燃える(燻る?)んだろうか?

201501 豚脂に浮く焦げチップ
↑大量の脂に浮かぶこげたチップ。

味的には充分に燻されている感じではあるが、
もしかしてもっと燻すと、もっと美味しくなる?


FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

PageTop

さっそくダッチオーブンで料理

第692回 さっそくダッチオーブンで料理

週末限定で料理人です。

今回はスモークベーコンを作ります。
酒のつまみにも最適♪

豚バラ肉約500gを酒25cc、醤油50cc、みりん50cc+ローリエ1枚、
クローブ2粒、ナツメグ少々、クミン1粒、黒コショウ(粒)に漬けこみます。

肉は最初に、フォークでグサグサと穴をあけて味がしみるように。

ジップロックで冷蔵庫に1週間ほど保存。
時々取り出して、よく味がしみこむようにモミモミ (^^)。

201501 豚ばら肉を漬け込む
↑豚ばら肉を調味液に漬けて一週間。

201501 漬け込んだ豚ばら肉を乾燥させる
↑一週間、調味液に漬け込んだ後の豚ばら肉。

本当は漬け込み時間は3~4日で充分らしいですが、
勤め人としては週末ごとの作業が楽なので、一週間、漬けておきました。

調味液から取り出した肉を、1日くらい干して置きます。

201501 乾燥後の豚ばら肉
↑一日(約一晩=24時間)の乾燥後

一晩干すだけで、けっこう乾くもんですね。
次は、いよいよ薫煙、ダッチオーブンの出番です。

201501 ダッチオーブンにホイルと網をセット
↑いよいよダッチオーブンの出番。良く見ると、網の下に・・・

薫煙チップの焦げ付きを防ぐために、底にアルミホイルを敷きます。
その上に網を置いて、肉を少し浮かせます。
網の脚だけだと、浮き方が小さいような気がしたので
台所を物色して見つけたクッキーの抜き型(金属製なので)を置いて
高さを稼いで見ました。

あー、長いので続きます。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop

こまごまDIY 二段ベッドのハシゴ修理

第691回 こまごまDIY 二段ベッドのハシゴ修理

子供が使っているベッドは階段で上がるタイプ。
俗に言う「二段ベッド」の、下段がベットじゃなくて机になっているもの。

これがイイ!という子供の希望により
5回前の勤務地で買ったのだが、
いよいよ老朽化してきて、ハシゴが壊れた。

201501 二段ベッドのハシゴ破損2
↑ハシゴのてっぺんの金具が伸びちゃって・・・

201501 二段ベッドのハシゴ破損1
↑ちゃんとホールドしていない。

ハシゴは可動式で、右、左のどちら側でもセットできるようになっています。
色々なレイアウトを可能にするので、なかなか良いシステムです。

その可動性を実現するために、ハシゴのてっぺんに「コの字」型の金具がついていて
上段ベッドの縁に引っかかるようになっているのですが、
その金具が伸びちゃいました。

不用意に体重をかけると、ハシゴが外れて超キケン!

201501 二段ベッドのハシゴ補修用金具類
↑やっと探し当てたぴったりサイズの金具。ゴツイ。

ネジをはずして、金具を取り替えるだけと簡単に考えてたら
あにはからんや、同じようなサイズの金具が見つかりません!
近所のホーマッ○・スーパーデポを小一時間うろついても発見できませんでした。
当然、中、小型のホームセンターは全くだめ。

で、やむなく、雪の中、DIYの最後の頼みの綱であるジョイフ○AKに行く途中、
あまり期待せずに入った、新顔ホームセンターのスーパー○バホームでようやく見つけました!

201501 二段ベッドのハシゴ補修
↑ほぼぴったり同じサイズ。

幅と「コの字」の奥行きがほぼぴったり。
とくに、ベッド上段の縁の木の厚み(2cm)にぴったりなので、
ガタツキがなく、安定性があって快適です。

しかも、もともとの金具よりも数段ゴツくて
これくらい頑丈だと、金具がいかれる前にハシゴの方がだめになりそうです。

付け替え作業そのものは10分くらいで終わった、こまごまDIYでした。
(金具探しは足掛け3日くらいかかりました (^^;;;)。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop

とうとうダッチオーブンに手を出して・・・・

第690回 とうとうダッチオーブンに手を出して・・・

とうとうダッチオーブンに手を出してしまいました。

201412 ダッチオーブン箱
↑いきつけの某 ”北海道の山の店(老舗)” で購入。

しばらく前からオクサマが興味を持っておったのですが、
このあいだ、何気なく、ぬらした新聞紙とアルミホイルで
サツマイモを包んで薪ストーブに放り込んで作った焼き芋が、
大変においしく仕上がり、オクサマのハートを掴んだ(笑)ようで、
薪ストーブ料理 (ガスも節約!) を本格開始することになりました。

アウトドアちっくなことには基本的に能動的ではないオクサマが
珍しく自ら、前向きな姿勢を示しているので、気の変わらぬうちに・・・・・・。

201412 とうとうダッチオーブン
↑まずはガスで慣らし運転

鋳鉄製のダッチオーブンは、鉄ではありますが、鋳物という素材の特性で
微細な穴がいっぱい開いているのだそうです。

で、油を吸収する(金属なのに!)ので、色々とお手入れが大変です。
最初に、ねぎとかセロリとか炒めて、さらにその野菜を茹でて、鉄臭さを取り・・・・・
あー面倒くさいねー。

それも、オクサマが割りと積極的にやってくれるので、ありがたや~。

201412 とうとうダッチオーブン 手入れ
↑慣らし運転・・・

ワタクシも、3年間の単身赴任生活でかなり料理が面白く感じるようになってきているので、
これで何か料理を作ってみる気、まんまんです。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop

暴風雪で露天風呂が雪まみれ

第689回 暴風雪で露天風呂が雪まみれ

今晩も、かなり吹雪いています。

普段は窓から見えるスキー場のナイターの明かりが見えないのは
吹雪きで見えないからではなくて、
風が激しくてリフトの運行ができないのでナイター営業を中止したからだと思われます。

さて、暴風雪を過ぎると、露天風呂は雪に埋もれてしまいます。

201501 暴風雪一過の露天風呂
↑暴風雪一過・・・・・雪に埋もれている露天風呂

これを除雪するわけです。

201501 暴風雪一過---除雪後2
↑せっせと除雪

写真に長靴が写っています。
本当は、除雪の時こそ活躍するはずなのですが、
油断してデッキのところに(屋根はかかっているのですが)
置きっぱなしにしていたら靴の中に雪が吹き込んじゃったので
とりあえず除けてあります。

この時は、炉の中まで雪が吹き込んでいました。

201501 暴風雪一過---除雪後
↑積雪は70~80センチといったところ。

その後、また降ってますし、いまも着々と雪が降っているので
1m以上にはなっているでしょう。

明日の朝も雪かきで1日がスタート・・・かな?

201501 暴風雪一過---EV充電口
↑EVの充電口にも雪が・・・

夜の間に充電しているEVの充電口にも雪が吹き込んでました。

屋根はちゃんと掛かっていて、普通に雪が降るくらいなら全然問題ない
のですが、風がかなり強かったんでしょう。

充電口は、屋根なしの雨降りでも問題ないように規格が定められているはず
なので、大きな問題はないはずです・・・・・と信じたい(笑)。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop

屋根の雪を切り裂く雨どいホルダー

第688回 屋根の雪を切り裂く雨どいホルダー

なんだか訳のわからないタイトルですね。

ほぼ無落雪屋根の我が家ですが、ベランダの屋根は半透明のポリカ使用なので
ここだけは雪が落ちてしまいます。

雪が落ちると雨どいを壊してしまうので、ここだけ雨どいを設置できなかったのですが、
しかし、雨水がそのまま下に落ちるので、
ベランダ屋根の軒下だけが雨水が溜まってひどい状態でした。

それで、庭の排水対策の一環で、数年前にDIYで雨どいを設置したのです。

でも、そのままだと落雪で雨どいが壊れちゃうので
冬の間は雨どいを取り外し、
春になると再び雨どいを取り付けるという方式で対応することにしました。

が、雨どいを軒先に取り付けるホルダーは取り外しが困難なので
冬の間も付いたままにしています。

それで数回の冬を越していますが、
雨どいホルダーの金具は壊れる様子はありません。

今回、その様子を始めてじっくり観察できました。

201501 ベランダ屋根の雪が落ちそう
↑ベランダの屋根の雪が今にも落ちそう

ある朝、ふと見るとベランダの屋根の雪が今にも落ちそうになってます。

で、雨どいホルダーの金具はどうなっているかと、
覗いてみると・・・・・

201501 ベランダ屋根の雪が落ちそう2
↑雪を切り裂く雨どいホルダー金具

こんな感じなんですね~。

金具の先っぽだけが雪にぶつかってて、
そこが雪を掻き分けている?切りさいている?
といった様子です。

状態が確認できて、なんとなく安心です。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop

EV急速充電スタンドが地道に増えている

第687回 EV急速充電スタンドが地道に増えている

年末年始と、妻の実家に帰省していました。
そこでびっくり。

いつのまにか、こんな急速充電スタンドができてました。

201412 急速充電スタンド
↑妻の実家のある某町に、忽然と現れた急速充電スタンド。

しかも、無料だし・・・。

201412 急速充電スタンド 無料お試し期間は
↑期間限定ですが、無料でした。ラッキー♪

我が家から妻実家までは、ほぼ、バッテリー走行でぎりぎりの距離なのです。
当然、実家に充電設備があるわけではないので、
帰りはガソリン走行のつもりでしたが、
こんなスタンドがあるなんて~♪。

無料で使うためには、
”エコQ電”に登録が必要です。
→ ENEGATE "エコQ電” (スマホ用)

登録には、名前とか利用車種とか、クレカ番号とかの入力が必要です。
登録後、スマホ画面上で充電したいスタンドを選んで、
IDとパスワードを入力すると、そのスタンドが利用可能になります。

有料スタンドの場合、利用した分だけクレカの引き落としがあるのだと思います。
このスタンドでは、充電終了後、利用料=0円です、というメールが届きました。

ちなみに、充電時間は問答無用で30分。
30分で8割充電できるので、実用上はあまり問題はありません。

どうしても満タン充電したいときは、
もう一回、30分充電すると100%になります。
ただし、次に充電を待ってる人がいないか、確認の上で、ですが。

しかし、1月10日以降の1分50円って、どうなんだろう。
うちの車は8割充電の走行距離は40kmくらい?
ガソリン走行時はリッター20kmくらいか?
それから考えると、

ガソリン走行とすると 40km=2リットル=約300円。
充電すると    8割充電=40km=30分=1500円。

充電はしないな(笑)。

完全電気自動車(日産リーフとか三菱 i ミーブとか)だと違うのかな?

この充電で味を占めて、
自宅近くにも同じようなスタンドがないか調べてみたら・・・
なんと、ありました(驚)。

201501 近所の急速充電スタンド
↑同じ系列の急速充電スタンドが近所にありました・・・。

201412 急速充電 年内無料とはいいつつも
↑年内はお試しで無料と書いてありますが・・・・

こちらも同じ”エコQ電”のシステムで使えます。

ちなみに、1月2日時点で、まだ無料でした(笑)。

地道に急速充電スタンドって増えてるんですね~。
これで、走行距離あたりの充電料金が、
ガソリン走行時のガス代よりも安ければうれしいのですが。

自宅で充電するときは、間違いなくガソリンよりも安いんですがね。

完全電気自動車の場合は、電気がないと走らないので
背に腹は変えられないからということで、
少しくらい料金が高くても充電しちゃうことを見込んでの、
強気の料金設定なのかしらん?

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。