8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

落ち葉や生ごみなんかを堆肥にして一石二鳥

第598回 落ち葉や生ゴミなんかを堆肥にして一石二鳥

庭の落ち葉や家庭菜園の残り物、抜いた雑草などで堆肥を作っている。

さらに、台所で出る生ごみ(植物系)も、同じ有機物であるので
当然ながら堆肥にしている。

ごみの減量と、買えばそれなりの値段のする堆肥の獲得の一挙両得、一石二鳥である。

主材料は上記の通り、ごみなので無料なのであるが、
当然、堆肥にするための副材料や道具立ても、限りなく低コストを目指している。

庭においてある、落ち葉や家庭菜園の残り物を放り込んでいる堆肥箱は、
主に家を建てたときの残り材を使っている。
まあ、これも買ったものといえば買ったものではあるが、
余りものの有効活用と言ってもよいだろう。

台所で出る生ごみは、いちいち庭の堆肥箱まで捨てに行くのは面倒だし、
冬の間は雪に阻まれ、さらに堆肥もカチンコチンに凍っている。
ということで、室内に堆肥用の段ボール箱(これも当然タダで貰ってくる)
を置いて、そこに野菜くず等の生ごみ(植物系のみ)を投入している。

段ボール箱の中にはもみ殻燻炭とピートモスの混合基材。
残念ながら、この2つは購入したものだ。
ここに生ごみを投入して撹拌するだけのお手軽さ。

時々、水分と米ぬかを補給してやると、
投入した生ごみがどんどん分解されていく。

さて、かように低コストの堆肥製造であるが、
それを支えるのは、手間と人力である。

庭の堆肥箱の中身は、
時々撹拌してやらないと短期間で良い堆肥にはならない。

ということで、春先の雪解け&気温上昇による分解開始時期の撹拌に引き続き、
今年第二回目の堆肥撹拌を行った。

201308 堆肥の断面
↑堆肥箱前面のふたを取り外す。春先に一度撹拌しているので、断面は均一。

あまり分解の様子が見られないー。

今回の作業は
・撹拌を促進するために、ジョウロで水(雨水タンクの)を撒いて適度な湿気を与える。
・分解促進&ミネラル分補強のために米ぬか(コイン精米機から無料でもらってきた)
 も混ぜ込む。
というもの。

米ぬか
↑米ぬか。これもタダ。

201308 台所生ごみ堆肥化ダン箱-古い方
↑生ごみ堆肥化用室内ダン箱。だいぶんやつれている。

さらについでに、すでに使用開始から2年が経過し、
さすがにかなりボロボロになった生ごみ堆肥化用の段ボールも更新することにした。

そのために、ダン箱内の生ごみ(2年分!)も庭の堆肥と混ぜることにした。

201308 堆肥を混ぜ混ぜ
↑これくらいの量で、2時間かかりました。

1立米もないくらいの容量ではあるが、
水を撒きながら、米ぬかと生ごみたい肥を混ぜ込みつつ撹拌する作業に、
一人工で2時間ほどもかかってしまった。

いかに涼しい札幌とはいえ、
顎から汗がしたたり落ちます・・・。

庭に出てきていたお隣のご主人からは、イイ堆肥だねぇ、とお褒めの言葉を賜った。
葉物にはやっぱり堆肥が一番効くよ!と、
わざわざ家庭菜園まで案内していただき、
これ、堆肥やっただけで、他にひっとつも肥料とかやってないんだ、すごいっしょ、
と、長ネギを見せていただいた。

お金出して肥料とか買わなくても、大丈夫みたいです。

201308 新しい堆肥化用ダン箱
↑新しくなった生ごみ堆肥化用室内ダン箱。今度は2重構造!

一番の難関は、あまり家庭菜園の収穫物に興味のない
オクサマをどう攻略するか・・・・・。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

PageTop

庭の暗渠排水、やり直し

第597回 庭の暗渠排水、やり直し

4年前に埋めた暗渠排水パイプをやっと掘り出したのが前回のお話。

排水管は記憶していたよりも、思いっきり短くて、
軒下部分のほとんどは溝を掘って砂利を敷いただけでした。

その砂利部分も、軒先からの雨だれやら、排水しきれずに溜まった雨水の浸食やらで、
砂利の中に土が入り込んで目詰まりを起こしている模様。

これでは水が抜けるはずが無いですねぇ。

4年前設置の配水管は健在
↑4年前に設置した暗渠排水管は、健在。

4年前に暗渠排水管を埋めた時に、排水管の中に泥とかが入り込んで
たまるのを防ぐために不織布でくるんでから埋めています。

4年経ってどうなってるかと、
不織布を剥がしてみると、
排水管の中には泥などが入り込んだ形跡なし。

思惑通り、不織布はその役割を果たしていたようです。
よしよし。

さて、今回の改良工事ですが、

1.砂利の目詰まり防止対策
2.暗渠排水管延長

の2項目を実施します。

まずは目詰まり対策。

暗渠排水+埋戻し砂利の場所のすぐ横は少し高くなっているので
そこから土砂が落ちないように
縁切りのためにコンクリート境界石を置きます。

法面崩れ防止に境界石
↑向かって右側が少し高くなっているので、土抑えに境界石を設置。

上の写真は仮置き。水糸が見えますが、
最終的には、この糸にそってちゃんと置き直します。

次に、畑側からの土砂の侵入を防ぐためと、雑草の繁茂を抑えるために
排水暗渠を埋める箇所の下に、防草シートを敷きます。

目詰まり防止に防草シート
↑防草シートにコンクリート境界石を載せて押さえる

トレンチ掘って配水管設置
↑溝を掘って排水管を入れます。

水たまり防止なので、あまり深く掘りません。

暗渠排水管は、最初に埋めたものと同じ規格のものにして
ジョイントで連結します。
これで今回新たな流末処理は不要です。

新旧配水管を接続
↑ジョイントで元の排水管に繋ぐ

今回は砂利の目詰まり対策をするので、不織布でくるむのはやりません。

暗渠排水管を設置した溝の底に防草シートを敷いて、
そこに砂利を入れて排水管を埋めます。

201308排水工事 後は埋めるだけ
↑ここに砂利を入れて排水管を埋めていきます。

手前の白いのは、4年前に埋めた排水管です。

201308 暗渠排水管増設工事完成
↑完成。

さーて、うまく効いてくれるでしょうか?

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop

掘っても掘っても見つからない!?

第596回 掘っても掘っても見つからない!?

この家を建てた直後の約5年前に、
雨が降った後などの庭の水たまりがひどいので、
DIYの排水工事として、
ブラ製の農業用暗渠管を不織布でくるんで、砂利で埋めた。

たしかに埋めた。

埋めたんじゃないかな・・・・。

あれー、掘っても掘っても出てこないー。

暗渠配水が出てこない
↑見つからなーい。

おっかしーなー。
やけになって、どんどん掘っていったら・・・・
ガス管注意・・・・と書かれたビニール布が出てきた(爆)。

暗渠配水ではなくガス管が
↑しまいにゃあ、この下にガス管埋まってるんで注意してね、という緑の注意書きが・・・。

どう考えても、ガス管の下に暗渠を埋めた覚えはない。
どうなってんだ????

で、調べました。
このブログの過去記事を。

→ そのときの記事 自力で庭の排水工事

あれれー、やっぱり、ちゃんと暗渠排水管埋めてんじゃん。
しかも、そんなに深くない場所に。

で、記事の写真を参考に、同じ場所を掘ってみて判明したのは・・・

排水管出てきたよ
↑暗渠排水管、発見!!

暗渠排水管は、記憶の通り不織布にくるまれて、埋まっておりました。
しかーし

うわぁー、暗渠排水管って短かかったんだ!

管を埋めたのは一部で、残りの部分は砂利だけじゃん!

排水管短かった
↑ぎゃあ、暗渠管って短かかったんだ。

ということで、記憶は思ったほどにはあてにならないことが判明しました。

一生懸命掘っていた場所は、排水管がなかった場所・・・・Orz

思い起こしてみれば、たしかに少し短めではあったような記憶がありますが、
軒下の、少なくとも半分くらいはあったような、
そんな気が、薄らぼんやりと・・・・・(←当てになりません)

やはり、しっかりと記録を取り、
そして残すということはとっても大事ですねー。

そもそも、5年前じゃなくて4年前だし(苦笑)。

ということで、次は「排水改良工事編」。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。