8回の転居の末に家を建てる

さすらいの転勤生活を経て、とうとう居場所入手へ。 露天風呂・ペレットストーブ・かまど・土間・焚火炉・珪藻土壁・無垢床・アウトドアリビングなどの妄想を小さな予算に押し込む一部手作りの挑戦の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

落葉とかを攪拌して堆肥化促進

第732回 落葉とかを攪拌して堆肥化促進

熟成した堆肥を家庭菜園の畑にすき込んだので、
引き続き、堆肥箱の整理をします。

201604 ひどい状態の堆肥箱
↑未分解の原料が積み上がった堆肥箱

昨年から落ち葉とか雑草とか、家庭菜園の残り物を放り込んでいる
左側堆肥箱は、未分解の繊維っぽい素材が積み上がって、
ちょっと見苦しい感じ。

この状態から、
中に詰まっている分解途中のものや、繊維質や落ち葉や、雑草なんかを
全て混ぜ混ぜして分解を促進します。
あわせて、はみ出している状態を解消して、
きっちり堆肥箱の中に収めます。

201604 未熟原料を堆肥箱から取り出す
↑まずは積みあがっている繊維っぽい原料を取り出して・・・

まずは、箱からはみ出すように積みあがっている繊維っぽい素材を
取り出します。
そして、剪定はさみでジョキジョキと細かくカット。

201604 堆肥化のために繊維質を切り刻む
↑剪定はさみで繊維質の原料をカット

そして、落ち葉なんかと攪拌混合。

201604 落ち葉と繊維っぽい素材を混ぜ合わせる
↑落ち葉と攪拌混合。

上の写真の紙袋(紙製の米袋)の中は落ち葉。
堆肥箱が満杯だったので箱に入れられなかった昨年秋の落ち葉を
袋にいれて置いておいたものです。

未分解の堆肥原料を攪拌混合すると嵩(かさ)がけっこう減るので
こいつを一緒に混ぜても、おそらく堆肥箱に収まるくらいの嵩になるだろうと思い、
持ち出してきました。

201604 堆肥原料をかき出す
↑全てかき出して、攪拌完了。

堆肥箱の底の方にはかなり堆肥化(分解)が進んだ雑草などがあったので、
それらもキレイに混ぜ混ぜ。

混ぜる際には、
分解が早く進むように適当に水も撒いて材料を湿らせました。

201604 堆肥攪拌終了
↑攪拌終了。再び堆肥箱に戻して完了。

攪拌が終わった堆肥原料を堆肥箱に戻して作業完了。

上の写真の、右側のビニール袋(米袋)は、
右側堆肥箱にちょっとだけ残っていた完熟堆肥。

左側に入りきらなかった昨年秋の落ち葉の一部と、
今年、これから出てくる雑草などを入れるスペースを空けるために
右側堆肥箱をカラにしました。

これで堆肥箱周りがだいぶんスッキリしました。

一番上の写真と比べると、わかります。

FC2 Blog Ranking ←ブログランキング ぽちっとな



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいね

名無しのにゅうす | URL | 2016年04月27日(Wed)06:56 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。